外資系IT企業で働くなら

IT系の企業は、若い人の憧れの的です。
お洒落で自由な雰囲気野中で働くことができるイメージがあるからかもしれません。
フレックスで朝の通勤時間帯に巻き込まれることもなく、カジュアルな服装で働ける環境にあることも魅力的なのでしょう。
しかし、外資系のIT企業完全なまでに実績評価が浸透しているので、シビアな環境でもあります。
しかし、ビシネスとして成り立つ仕事が創造できるのであれば、これ程恵ぐまれた環境はありません。
かなり権限移譲が進んでいるからです。
したがって、外資系のIT企業で働くのであれば、自分のビシネスビジョンを明確に確立しておくことが必要です。
上司や周りの人から尋ねられても、明確な考えを説明できるのであれば、これ程、はたらきやすい環境はないからです。
また、常に最新の技術動向も勉強してクリエイティブな仕事を創造する姿勢があるのなら、外資系のIT企業て働く意義ややり甲斐が出てくるのです。
常にチャレンジ精神があれば、大丈夫です。