IT系外資系企業で刺激を受けました

IT系外資系企業で働いていると、日常的に英語を使う機会が多いので会社内にいると英語力が自然と付くのがわかります。刺激を受けるので、けっこう英語の勉強しないとまずいな〜という感覚を身につけることができるので、なかなか刺激ある職場になっています。IT系はアメリカの製品も多く、マニアルなど英語で書かれていることも多いですし、メールなども英語でくるので、一通り読めるようになっていることは条件になります。しっかりと英語力をつけておくことで、安心して仕事もできますし、スキルアップへとつながるので、かなり実力がつきます。IT系外資系企業で働いていると技術力も付きますが、英語力も自然と身につくのでスキルアップが自然にできるのはなかなか満足できます。しっかりと勉強して、英語も話せたり書けるようになると仕事の幅も広がりますし、かなり充実した毎日を過ごせるようになるので、ステップアップした仕事ができるようになります。