外資系での割り切った人間関係について

日本の企業に比べて外資系の企業の方が人間関係はドライで割り切っていると言われていますが特にIT企業に関してはそれが顕著だと思います。わかりやすい所でいえば、お中元やお歳暮、年賀状などほぼないと言えるでしょう。もちろんクリスマスパーティー等はありますが強制で参加させられる事はまずありません。
もちろん、企業として必要な連絡網等がありますが必要以上に連絡を取り合うことがないのが実態です。
また、日本でよくありがちな職場での飲み会もほとんどないと言っていいでしょう。むしろ飲み会に参加するのであれば異業種交流会や、関係取引先との割り勘の飲み会の方が多いといえます。
日本のIT企業から転職してきた人間からすると非常にドライと言うイメージを持ちがちですが逆に割り切って非常に人間関係が楽になったと言う考え方もあると思います。これは自分自身の考え方と働き方のライフアンドワークスタイルの違いになってくると思います。