時間管理の徹底について

IT企業と言えばどうしても際限のない時間労働がイメージされがちですが外資系について言えばそんなことありません。もちろん具体的なミッションの重さ軽さがあるわけではありませんがライフ&ワークバランスを考えた上でオフィスでも自宅でもさらには外でも仕事ができる環境は整っています。残業時間で給与査定するわけではなく、あくまでもミッションに対する成果が給料の対象だからです。

ですから、チームリーダーやグループマネージャー、プロジェクト管理を行う方々にとっては部下の時間管理の適正化も非常に大きなポイントになってきます。特にIT企業だけにそれだけのミッションにかけられる時間がどれだけのものかが明確になっていますので能力に応じて成果がどれだけ出たかを定期的にチェックすることでその成果を推し量ることができるわけです。もちろん、このような働き方を推奨しているわけですからオフィスもフリーアドレスが多く、凝り固まったチームごとのレイアウトなどほとんどないと言っても良いでしょう。