時間管理の徹底について

IT企業と言えばどうしても際限のない時間労働がイメージされがちですが外資系について言えばそんなことありません。もちろん具体的なミッションの重さ軽さがあるわけではありませんがライフ&ワークバランスを考えた上でオフィスでも自宅でもさらには外でも仕事ができる環境は整っています。残業時間で給与査定するわけではなく、あくまでもミッションに対する成果が給料の対象だからです。

ですから、チームリーダーやグループマネージャー、プロジェクト管理を行う方々にとっては部下の時間管理の適正化も非常に大きなポイントになってきます。特にIT企業だけにそれだけのミッションにかけられる時間がどれだけのものかが明確になっていますので能力に応じて成果がどれだけ出たかを定期的にチェックすることでその成果を推し量ることができるわけです。もちろん、このような働き方を推奨しているわけですからオフィスもフリーアドレスが多く、凝り固まったチームごとのレイアウトなどほとんどないと言っても良いでしょう。

外資系での割り切った人間関係について

日本の企業に比べて外資系の企業の方が人間関係はドライで割り切っていると言われていますが特にIT企業に関してはそれが顕著だと思います。わかりやすい所でいえば、お中元やお歳暮、年賀状などほぼないと言えるでしょう。もちろんクリスマスパーティー等はありますが強制で参加させられる事はまずありません。
もちろん、企業として必要な連絡網等がありますが必要以上に連絡を取り合うことがないのが実態です。
また、日本でよくありがちな職場での飲み会もほとんどないと言っていいでしょう。むしろ飲み会に参加するのであれば異業種交流会や、関係取引先との割り勘の飲み会の方が多いといえます。
日本のIT企業から転職してきた人間からすると非常にドライと言うイメージを持ちがちですが逆に割り切って非常に人間関係が楽になったと言う考え方もあると思います。これは自分自身の考え方と働き方のライフアンドワークスタイルの違いになってくると思います。

外資系での仕事の進め方の違いについて

外資系のIT企業で最も日本の企業と異なるのは仕事の進め方だと思います。特に会議にあたっては限られた時間で何を決めるかを明確にしていますので非常に効率的です。また、これは日本の企業でもかなり進んでいますがペーパーレスの会議が当たり前になっています。会議資料事前にメールで送らないことなどナンセンスだと思われていますし、
もらうにあたっては誰が順番で何を決めるかを明確にした上で行っています。
そして、会議の時間に関しても日本のようにダラダラ行う事はまずありません。それぞれのチアマンやプレイヤーが限られた時間を有効に使うと言うことで時間単価を明確にしているところが分かりやすいと思います。逆に考えると日本のように事前の根回しなどがほとんど行われないこともあり、案件によってはトラブルに発生することをもあるので非常に難しいところです。可能な限りトラブルのない会議進行を行うことが外資系のIT企業では課題になってくるとも言えます。

車載ECUの外資系IT企業について

外資系IT企業も日本には複数あります。特に車載ECUの分野は外資系企業がかなり多くのシェアを握っています。
国内系のメーカーと外資系メーカーの違いは、車両メーカーとの関係にあります。外資系メーカーは基本的に強気な態度で取引をしますので、車両メーカーからの無理な要求は拒否します。ただし、こういった態度は車両メーカー側からも疎んじられている部分もあるようです。出来るだけ国内メーカーと取引をしたいと考えている車両メーカーも多いです。
また、外資系IT企業はやはり企業体質とし成果主義の側面が強く、そこで働いている方の心理的負担になっているようです。昔外資系企業に勤めていた方から、「外資系企業は給料は良いが長く働く環境ではない」と伺ったことがあります。待遇は良いものの働く環境には難があるというところでしょうか。
外資系IT企業を目指すのであれば、日本的な仕事の仕方や働き方をするのは難しいと考えたほうが良いです。ただし、そういった環境でもやっていけるという自信のある方は目指されても良いのではないかと思います。

外資系企業は勉強になります

外資系企業で働いていると様々な国の方と交流することができるので、刺激を受けることになります。色々な言語を話すので、語学力がアップしますし、IT系のエンジニアの仕事はマニアルなども英語で書かれていることが多いでの、かなり語学力がつくのを自分でも実感できるようになります。IT系は新製品の評価作業や、顧客サポート業務など海外とのやりとりも多いため、英語でメールがきたり、色んな仕事が沢山あるのでしっかりと実力をつけることが何より大切になります。刺激を受ける機会が多い職場なので、けっこうしっかりと勉強することが大切になります。海外のシステム環境を日本で最適化するには、顧客とのコミュニケーションなども必要になりますし、海外と日本の掛け渡しになるので、色々と大変な時期を乗り越えていく必要性もでてきます。しっかりと仕事をこなすことで、新な環境にチャレンジすることができますし、色々と幅広く仕事を増やしていくことができます。

外資系企業で働くのは楽しいです

外資系企業で働くようになり、海外出張なども増えたので、けっこう刺激を受けるようになりました。IT系の外資系企業は、様々な開発なども海外で行っていますし、打ち合わせなども海外で行われることが多いので、自然と活動範囲が広がっていきます。特に海外出張など多くの技術者との交流もあるため、かなり刺激を受ける機会にもなりますし、海外の方と仕事を通して仲間が増えたことで、出張で海外へ行った時も現地案内もしてくれますし、美味しいレストランへ連れて行ってくれたり、幅広く活動することができるので、とても充実した毎日を過ごせるようになりました。なかなか海外の友人ができず、困っていた時期もありましたが、自然と外資系企業で働くようになりIT関連の仕事を通して、海外とも交流ができるようになったことで視野が広くなったのを実感できるようになりました。今までとは違った価値観になり、充実した毎日を過ごせるようになり、楽しいです。

IT系外資系企業で刺激を受けました

IT系外資系企業で働いていると、日常的に英語を使う機会が多いので会社内にいると英語力が自然と付くのがわかります。刺激を受けるので、けっこう英語の勉強しないとまずいな〜という感覚を身につけることができるので、なかなか刺激ある職場になっています。IT系はアメリカの製品も多く、マニアルなど英語で書かれていることも多いですし、メールなども英語でくるので、一通り読めるようになっていることは条件になります。しっかりと英語力をつけておくことで、安心して仕事もできますし、スキルアップへとつながるので、かなり実力がつきます。IT系外資系企業で働いていると技術力も付きますが、英語力も自然と身につくのでスキルアップが自然にできるのはなかなか満足できます。しっかりと勉強して、英語も話せたり書けるようになると仕事の幅も広がりますし、かなり充実した毎日を過ごせるようになるので、ステップアップした仕事ができるようになります。

外資系IT企業で働くなら

IT系の企業は、若い人の憧れの的です。
お洒落で自由な雰囲気野中で働くことができるイメージがあるからかもしれません。
フレックスで朝の通勤時間帯に巻き込まれることもなく、カジュアルな服装で働ける環境にあることも魅力的なのでしょう。
しかし、外資系のIT企業完全なまでに実績評価が浸透しているので、シビアな環境でもあります。
しかし、ビシネスとして成り立つ仕事が創造できるのであれば、これ程恵ぐまれた環境はありません。
かなり権限移譲が進んでいるからです。
したがって、外資系のIT企業で働くのであれば、自分のビシネスビジョンを明確に確立しておくことが必要です。
上司や周りの人から尋ねられても、明確な考えを説明できるのであれば、これ程、はたらきやすい環境はないからです。
また、常に最新の技術動向も勉強してクリエイティブな仕事を創造する姿勢があるのなら、外資系のIT企業て働く意義ややり甲斐が出てくるのです。
常にチャレンジ精神があれば、大丈夫です。

外資系のIT系企業の雰囲気

IT系の企業で働くことは、とても憧れでもあります。
お洒落でスマートなオフィス環境で働くことができるからです。
これが外資系ともなると、さらにスマートさがレベルアップしてきます。
しかし、日本のIT企業と比べて、シビアな世界であることも事実です。
完全な実績評価が採用されているので、利益が出せない人は、明日の仕事がないくらいの厳しさでもあります。
日本の場合は中長期的な観点で仕事に打ち込めますが、外資系ともなると、そんなゆとりがないのです。
したがって、外資系のIT会社に転職する人は、かなりの経験や能力を持っていないと通用しないことが少なくありませんので、単なる憧れだけでは、とても務まるものではないことを十分に理解して臨むことです。
その反面、権限移譲はしっかりとしているので、自分のビジョンが明確になっている人にとっては、これ程やりやすい環境がないことも事実です。
キャリアアップを考えている人にとっては最高のステージでもあるのです。